専業主婦が借り入れする方法!

専業主婦の方が借入をするには、金融機関が限られますので注意してください。クレジットカード会社、信販会社や消費者金融等の借入は、貸金業法の決まりにより、収入の3分の1以内の貸付しか出来ないことになっています。専業主婦の場合は、収入を得ていないため借入限度額が設定できないようになっています。

一部の流通系クレジットカードでは、専業主婦が申し込みをしても、5万円くらいの少額のキャッシング枠が付けられることがあります。クレジットカードは貸金業にあたるため、規制がかかることがほとんどです。しかし、流通系サービスの系列の銀行から発行されているクレジットカードのために、総量規制の対象外となることがあります。使いすぎることもありませんし、万が一の時のために備えるのに向いていることがあります。

専業主婦が借入をするには、貸金業系ではなく、銀行のカードローンを利用しましょう。銀行は貸金業に当てはまらないため、規制もありません。返済能力がないと見られ、全ての銀行で認められているわけではありませんが、ご主人に安定的な収入があれば、借入を認める銀行も多くなっています。

銀行の中には、ご主人の源泉徴収票や確定申告書等の収入を証明する書類の提出を求める場合があり、内緒で申し込みをするのは難しいことがあります。しかし、ご主人に心配をかけたくない専業主婦の方も多いと思われます。その場合は、ご主人に関する書類の提出を求めず、会社への在籍確認もない銀行カードローンに申し込むといいでしょう。その代わり、限度額が10万円~50万円くらいまでに一律で抑えられ、増額申請が難しくなりますが、急な出費や生活費に対応するには十分な額だと言えます。

【借入first】即日借り入れしたいなら!徹底比較人気ランキングはこちら